通常呼吸と溶解型酸素発生の酸素カプセルリース

リースすることもできる酸素カプセルですが、利用者は様々な良い変化を体感しています。

疲労感が軽減されたり、頭がスッキリとするなど、酸素カプセルリースを体験した人の感想の多くは良い変化を実感する声です。でも通常の呼吸をすれば、酸素カプセルリースを利用することも無いと考えるかもしれません。溶解型と結合型の大きく2種類があるのが酸素であり、通常人間が無意識に行うのは総合型であり、赤血球である血液中のヘモグロビンという、いつもの呼吸で結合して運搬をされます。

少し問題があるのは粒子としてのサイズであり、もう細胞よりも多きです。サイズが合わないわけですから順調に酸素は身体の本当に隅々にまで行き渡ることはなく、たくさんのフレッシュな状態を届けることができない状態です。しかし酸素カプセルの場合はこの問題点を上手にカバーしており、ガス化というひと手間をかけることで溶解型にできますので、発生後はサイズが小さいことから、リンパ液やもう細胞にまでダイレクトに入り込みます。

ヘンリーの物理という有名な法則があるように、気体は気圧の高さと比例をすることから、液体に順調に溶け込むことができるわけです。カプセルの中の気圧を30%にまで上げた状態においては、妊婦さんのお腹に胎児がいる時と同じような気圧に近くなります。専用カプセル内で酸素を吸い込むことで、体内酸素はおよそ2倍にまで増えますので、通常の呼吸を吸うのとは雲泥の差です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *